不動産探しのプロが理想の住まい探しをお手伝い、東京都心の人気賃貸物件のCocotii(ココティ)。

高級賃貸物件(高級賃貸マンション)とは。

タワマンリビング

「高級賃貸なんてただ高いだけ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
実はメリットがたくさんあり、女性の一人暮らし・高齢夫婦・子育て世代など、あらゆる世帯層の方へおすすめしたいですし、実際に人気です。

≪高いものには理由がある≫
それは売買・賃貸問わず、不動産も例外ではなく、「多くのメリットをお金で買う」という側面があります。
こちらの記事では高級賃貸のメリットだけではなく、デメリットも記載していきます。

≪高級賃貸に住むメリット≫

○「セキュリティが良い」

高級賃貸と呼ばれる多くの物件は、オートロックや24時間監視セキュリティ、エントランスにコンシェルジュ・管理人が在中していることが多く、安心感をもって住むことができるように考えられています。

一般的な賃貸物件はエントランス入って直ぐ各部屋の郵便ポストがあり、そこを通過して各階ごとの部屋へ行きます。
防犯カメラは作動してはいるものの、24時間、誰でも出入り可能な状況です。
そのため、不審者に狙われてしまう事が多いのが現状です。
お子様がお留守番をしている中、不審者が訪ねてくる可能性も高くなり、セキュリティは決して安心、安全とは言えません。

高級賃貸はオートロックがあり、各部屋へ行くには番号を入力しなければドアが開きません。
また、エントランスにコンシェルジュや管理をしている人が常駐している物件が多く、不審者が侵入するとすぐに通報されます。
仮に誰かが訪ねてきても、モニター付きのドアフォンがあるのでドアを開けずに対応ができます。
そういった不審者の侵入に対する警備や、モニター越しでのやり取りができるといった点から安全・安心といえるでしょう。
特に女性の一人暮らしや小さなお子さんのいる家庭は、セキュリティがしっかりしている物件が人気です。

目次に戻る

○「設備が充実している」

設備というとオートロックなどが代表的ですが、高級賃貸と冠される物件、中でもタワーマンションに多いのがスポーツジム・クリーニングサービス・スーパーなどの商業施設の入った物件が人気です。

一般の賃貸物件でもWi-Fiが使えたり、オートロックなども充実しています・・・が、高級賃貸物件の設備はワンランク上の設備があります。
例えば、一人暮らしや忙しい方の為に衣料・布団・毛布のクリーニングの取次(フロントに出して受け取れる)、宅配便や郵便物の発送、宅配ボックスに入らない荷物の預かりなど、様々なコンシェルジュサービスが付いた賃貸物件もあります。
スポーツジムやフィットネスルームが入った物件では外のスポーツジムへ足を運ぶ必要がありません。
物件によってはスーパーなどのショッピング施設、病院まで入っているので利便性が高いです。
特に、生活スタイルに合った施設が入っていると、外に出るのが億劫でも居住施設内にあれば便利ですし、何よりも外に出ての移動がない分、時間の短縮にも繋がります。
室内設備もWi-Fi仕様はもちろん、各デベロッパーのこだわりが見える物件が多いので、オール電化対応、食器洗い機、パントリー、広いウォークインクローゼットなどマンションによって様々な設備があります。
居住者が快適に過ごせるような環境を徹底して整えています。

目次に戻る

○「住民のレベルが高く、安心」

高級賃貸に住む人は、社会的に地位の高い人が多い傾向にあります。
入居審査の厳しさが理由のひとつですが、審査基準が厳しい分、住民のレベルは高くなりますので、変なトラブルに巻き込まれる危険性も下がると一般的には考えられています。
一般の賃貸物件でも監視カメラやオートロックなど防犯設備が多く設置されている物件はありますが、過去に残酷な事件も起きています。
高級賃貸マンションであれば、入居審査が厳しいので、社会的地位の高い方々が入居者の中心となります。
その地位を全て失うような愚行はしないと一般的には思われているので、一般賃貸物件よりも安全性は高いと言えるでしょう。

目次に戻る

○「立地の良さ」

高級賃貸物件でも人気なのが、駅直結のマンション。
また、眺望が良い、住環境が優れているなど、厳選された立地にある物件が多いことも人気のひとつです。
千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区、文京区の都心6区以外でも、品川、自由が丘、中目黒など、街として人気の高い地域に高級賃貸物件が多く存在します。
そんな人気の街並みを一望出来るマンションが人気で、特にタワーマンションの高層階の眺望は唯一無二の眺望です。
その他、東京タワー、東京スカイツリー、レインボーブリッジなど、東京のランドマークシンボル、代々木公園、有栖川公園、明治神宮などに隣接するエリアはブランド性も高く、各世帯層に人気です。

目次に戻る

○贅沢な空間・間取り

広々とした贅沢な空間や間取りも大きな特徴です。
専有面積90㎡以上あるのに『1LDK』という贅沢な間取りも少なくありません。
居室する時間の長いリビングルームが広ければ、それだけで生活にゆとりが生まれます。
家具の選択肢も広がり、インテリアにこだわった上質なライフスタイルが実現可能です。
また、間取りが3LDKや4LDKでも、各部屋は十分な広さを兼ね備えています。
自宅にいるときはくつろぎや安らぎが大切。
本来、ゆとりあるグレードの高い空間や間取りは最も重要なファクターであり、各デベロッパーも豊かな生活空間作りに重点を置いています。

目次に戻る

○騒音対策も万全

マンションやアパートなどの集合住宅で最も気になるのは足音です。
特に小さいお子様の足音は響きやすく、壁や床が薄いマンション、アパートは騒音トラブルが絶えません。
高級マンションは壁が防音対策されていることもあって、騒音トラブルも少ないので小さなお子様がいるご家庭でも騒音を気にせずに暮らす事が可能です。

目次に戻る

≪高級賃貸に住むデメリット≫

●洗濯物を外干しできない

特にタワーマンションなどの高層階では安全上、布団などの洗濯物をベランダに干すことを禁じている場合もあります。
毎日、乾燥機か室内干しという状態にストレスを感じる方にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

目次に戻る

●エレベーターの待ち時間

タワーマンションの高層階に住んでいる場合、超高速のエレベーターを備えていてもエレベーターの待ち時間が長くなることが多いです。

目次に戻る

●生活費が高い

高級マンションが建っている場所は物価も高い地域が多いので、家賃以外の生活費が高くなるケースが多いです。

目次に戻る

●家賃は他のマンションの1.5〜3倍程度

高級賃貸マンションは、一般賃貸マンションの同じ間取りと比較してみるとかなり割高です。
その分、立地や居住空間で大きなメリットはありますが、そこまでのコストをかける必要性を感じない方にとってはデメリットになるでしょう。

上に戻る

ホームに戻る

-